ホーム » 経済学部ブログ » カリキュラム・講義 » ガムラン(インドネシアの民族楽器)のワークショップを開催しました

経済学部ブログ

ガムラン(インドネシアの民族楽器)のワークショップを開催しました

2017年7月24日

7月10日(月)に川端大学入門ゼミの一環として、外部講師2名(西田有里先生、アナント・ウィチャクソノ先生)をお招きし、ガムランというインドネシアの民族楽器のワークショップを開催しました。

大学生活が始まって間もない5月頃からこのワークショップに向けた準備が始まり、入門ゼミ生は毎日のように話し合いや企画会議を行ってきました。

その成果が出たのか、ワークショップ当日は予定人数を大幅に上回る、47名もの方に参加していただきました。ご参加くださった教員、学生、職員の皆様、本当にありがとうございました。

ワークショップでは事前に申し込みんでくださった方を4グループに分け、7種類のガムラン楽器の演奏体験をしていただきました。

参加者の方々は、初めて演奏するガムランに戸惑いを感じている様子でしたが、練習を重ねるにつれ、徐々にコツをつかんで上手に演奏できるようになりました。

また、楽器とは別に「ワヤンクリッ」という影絵芝居も、各グループから1人を選出し、演奏に合わせて体験していただきました。この影絵芝居はなんと、複数の人形の操作から、人形の声、そしてストーリーに合わせた効果音までも1人で行うものです。とても大変です!

実際に影絵芝居を体験した方々も苦戦しておられたようですが、一生懸命に演奏のリズムに合わせて人形を操作しておられました。

ガムランは、香川県ではそれほど知名度は高くないかもしれません。しかし、ワールドミュージックという文脈では国際的によく知られた音楽です。また、ヒーリングミュージックとしても語られることもあります。参加者の方々も、日頃の疲れを少しは癒すことができたのではないでしょうか。

普段は参加者としてイベントに参加することが多かったのですが、このワークショップの企画、運営を行うことにより、参加者とは異なる角度でイベントに携わることができました。

この経験を今後の大学生活だけでなく、将来においても役に立たせていきたいです。

                   文責:経済学部 地域社会システム学科1年 早川幸助、増田泰士
                   写真撮影:西原 歩祐翔


        講師による説明                    講師による実演  

      影絵芝居(ワヤンクリッ)               影絵で用いられる人形の紹介

      参加者による演奏体験①                 参加者による演奏体験②

      参加者による演奏体験③                 参加者による演奏体験④

      参加者による演奏体験⑤                 参加者による演奏体験⑥

                      全員で記念撮影



カテゴリー:カリキュラム・講義