ホーム » キャンパスライフ » 卒業時成績優秀者に対する学部表彰

卒業時成績優秀者に対する学部表彰

卒業生の在学中における業績を称賛しかつ在校生の勉学や課外活動の意欲を奨励するため、従来の成績優秀者の表彰に加え、2007年度から卒業時における優秀者に関しても表彰制度を設けることにしました。対象学生には表彰状および記念品が授与されます。

成績優秀者の要件

4年次終了時点での卒業が決定している学生を対象とし、以下の1.または2.を満たす学生若干名とします。

  1. 昼間に関しては各学科1名とし、GPA3.0を満たしている学生でかつGPA上位順に選考します。夜間主に関しては学科にかかわらずGPA3.0を満たしている1名を選考します。昼間の各学科、夜間主において同点により対象者が複数になる場合には昼間の各学科や夜間主における予定人数を超過しても対象者に算入します。
  2. 在学中に大学以外での検定試験や資格試験などにおいて極めて優れた成績を修めたと認められる学生。

上記の成績の基準以外に、4年次終了時点で課外活動等に顕著な成績を修めかつ学業においても優秀な学生に対しては、若干名に限り学生生活委員会が推薦し学部長が決定します。

GPAが3.0以上とは

GPAは次式で計算されます。

GPA計算式

履修した授業のすべての成績がA(優)の時、Aの単位数=履修登録単位数となり、GPAは3.0となります。ですから、GPAが3.0以上とは全優以上ということであり、極めて優秀な成績であると言えます。

2016年度卒業時成績優秀者リスト

学科氏名
経済学科平川賢二
経営システム学科倉永真希
地域社会システム学科眞鍋冴

記念写真

卒業時成績優秀者に対する学部表彰