ホーム » 国際交流 » ラインマイン大学(旧ヴィースバーデン大学)

ラインマイン大学(旧ヴィースバーデン大学)

ヴィースバーデン大学ロゴ
「ラインマイン大学(旧ヴィースバーデン大学)」
hochschule wiesbaden

大学紹介

沿革および概要

1971年ヴィースバーデンおよび近郊の各種学校を統合し、専門大学として発足する。
経済学部(fachbereich wirtschaft)は専門大学発足時に設立される。
他に、建築、社会制度、情報科学、機械工学、電子工学、メディア学、数学、社会・文化学、醸造学など14の学部 (fachbereich)がある。教員数 約600名、学生数 約8,000人。

所在地

ヘッセン州の首都ヴィースバーデン(人口 約27万、フランクフルトからsバーンで 42分)市内と近郊のリュッセルスハイムおよびガイゼンハイムに各学部が点在。本部はヴィースバーデン。
この地方はラインガウ(rheingau)と呼ばれ一大ワイン産地である。
ヘッセン・ナッサウ公国の首都だったところで18~19世紀には温泉保養地としてヨーロッパ各地から王侯貴族を初めとする上流階級が集まった社交の町として知られている。
治安のよい町としても著名。またライン川をはさみラインラント=プファルツ州の首都マインツ(mainz)と向かい合っている。

経済学部(fachbereich wirtschaft)の概要

1971年設置。ヴィースバーデン市の中心部 bleichstrasse にあり、現在 betriebswirtschaft(business management)、international business administrationと versicherungsmanagement/financial services の三つの履修コース(studiengang)がある。

前者のコース(学生数約800名)では3学期(1年半)の基礎課程(grundstudium)(経営学 、経済学、経済法、経済数学、統計学、データ処理中心に学習)と3学期(1年半)の主要課程(hauptstudium)(経営管理論、経済情報論、監査・租税制度論、マーケテイング論の履修および労働法などの科目からの自由選択科目の履修)、1学期の企業研修(半年)と最終論文のための演習1学期(半年)の総計4年間修学する。

後者のコース(学生数約300名)では基礎課程3学期(1年半)と主要課程2学期(1年)および海外での勉学と企業研修2学期(1年)、最終論文のための演習1学期(半年)の履修が必須である。
基礎課程での必修の科目には生産論、マーケティング論、会計学、財務論、組織論、経済学、経済法・税法、統計学、外国語(英語必修、仏、露、西、伊、日の中から選択必修)があり、主要課程では財務管理論、会計学、マーケティング論、国際経済関係、組織論、ロジスティクス、経済・税法、外国語(仏、露、西、伊、日の中から選択必修)を履修しなければならない。

規定の単位を修得すると経営学士号(diplom-betriebwirt/in <fh>)が与えられる。
この学位は総合大学(universitat)が授与する学位と同等である。
ただし専門大学(fachhochshule)には博士号の学位授与機構はない。

北部商業大学院大学(フランス)、ウェストミンスター大学(イギリス)、ウェスト=ブラバント大学(オランダ)、サザン・クロス大学(オーストラリア)、ウラル経済大学(ロシア)、東北学院大学(仙台)など世界各地の36の大学と学術交流を行っている。
日本語が正規に取り入れられているドイツでは数少ない大学・学部の一つ(日本語講師は日本人2名、ドイツ人1名)。
学部長ディーター・フラードゥング(prof. dr. dieter fladung)、教員数 約60名(常勤・非常勤講師 約30名を含む)、学生数 約1,100名(うち外国人留学生の比率は 11.5%, 職業に従事した経験があるもの 63%)。