ホーム » 研究・地域連携 » 現場主義に基づく地域づくり参画型教育 » 備讃瀬戸地域の島嶼における生活の近代化と文化変容

備讃瀬戸地域の島嶼における生活の近代化と文化変容

この報告書は、現代の備讃瀬戸の姿を学生たちとともに調査し、まとめたものです。

目次

タイトル執筆者所属
はじめに 稲田道彦 経済学部教授
島という場所の持つ一般的な性格と特殊な性格 稲田道彦 経済学部教授
備讃瀬戸島嶼の水文誌と地域変貌
-1980年代からのフィールドワークを中心に-
新見治 教育学部教授
豊島の人口減少と対策について 前田晃英 経済学部学生
小豊島の特製(他の島々との相違点) 長尾祐也 経済学部学生
男木島のすばらしき環境 横畠充 経済学部学生
来訪という視点から考える女木島 阿部仁美 経済学部学生
世界で行くべき観光地「直島アート」の島の魅力と住民意識 宇治由紀恵 経済学部学生
岩黒島における瀬戸大橋の影響 森本和樹 経済学部学生
与島-瀬戸大橋の架かる島- 萩原祐介 経済学部学生
島の社会変化-香川県丸亀市本島からの展望- 木村俊昭 経済学部学生
変わり行く牛島 伍賀靖洋 経済学部学生
瀬戸内の島、広島に住むとは 藤村友子 経済学部学生
所帯28戸の島、志々島はどのようにして今に至ったのか 稲田道彦 経済学部教授
伊吹島の生活と水産業 吉村徳文 経済学部学生
あとがき 稲田道彦 経済学部教授

報告書「備讃瀬戸地域の島嶼における生活の近代化と文化変容」