ワークショップについて

経済学ワークショップ(Economics Workshop)は、香川大学経済学部・大学院経済学研究科の研究活動を活性化することを 目的として、2006年7月に発足しました。構成メンバーは経済学部・経済学研究科の教員有志ですが、 メンバー以外の出席・報告も歓迎します。出席・報告希望者は 世話人に連絡をお願いします。

ワークショップは、次の2種類に分けて行います。

前身である経済学研究会の情報はこちら


次回ワークショップのご案内

2015年2月27日(金)16:30-18:00

地域マネジメント研究科・地域科学セミナーと共催
  • 報告者: 森田 忠士(近畿大学経済学部)
  • タイトル: Trade Integration, Welfare and Horizontal Multinationals: a three-country model
  • 概要: In this paper, we construct a three country model with national and multinational (multiplant) firms in which oligopolistic firms in each countries export. We investigate the effect of trade liberalization between two countries on the third country. When the fixed costs of Foreign Direct Investment (FDI) is sufficiently large, the firm does not conduct FDI and trade liberalization always decreases the welfare level of the third country. When the …fixed costs of FDI is small, trade liberalization may increase the welfare level of the third country.
  • 会場: 7号館2階第3会議室



世話人

  • ラナデ R.R. (経済学部経済学科 教授)
  • 天谷 研一 (経済学部経済学科 准教授)