home > 教育・研究 > 寄附講義 > 証券市場論

大和証券提供講座『(特)証券市場論』

 日本の金融システムは、これまでの政府の指導・管理下での「秩序優先システム」から、市場という公平な場で評価を受ける「市場型システム」へと、大きくその姿を変えてきています。
 一方、将来の年金不安や長引く低金利を受けて、1,500兆円を超える個人の金融資産が、「貯蓄から投資」へと、大きなうねりをあげて動き出しています。
 証券市場は時代とともに常に変化していますが、現在の証券市場はまさに、これまでにないダイナミックな変化を遂げつつあるといえるでしょう。

 この講義は、証券市場一般に関する入門編として、以下の内容で展開していきます。

  1. 証券市場の機能と役割について基本的な理解を深める
  2. 証券市場における主な商品(株式・債券・投資信託・デリバティブ・証券化商品)の内容・性格とその運用方法を学ぶ
  3. 資金調達やM&Aなど企業の財務戦略を支える投資銀行(インベストメントバンク)の概要や機能について理解する
  4. 現在の証券市場に至るまでの歴史と変遷を理解するとともに、最近の証券市場の動向や新しい潮流について認識を深める

 これにより、金融システムの活力を担う証券市場の今後の役割、発展の方向性を考察していきます。同時に、学生の皆さんが今後社会に出て行くうえで必要な金融知識についてもお伝えできるものと考えています。

 講師には実務家を配し、証券市場に対する基本的な理解をベースに、理論に留まらずなるべく現実に直面しているテーマにも触れていく予定です。
 この『証券市場論』を通して、これから社会人に出て行かれる学生の皆さんへ、経済の根幹を支える証券市場のもつ重要性を伝えられれば幸いです。

講義スケジュール

講義は毎週金曜日の第3時限(13:00〜14:30)に行われます。

   月日 講義要目
第1回10月12日オリエンテーション
第2回10月19日株式(1) 〜株式とは〜
第3回10月26日株式(2) 〜市場のしくみ〜
第4回11月 9日株式(3) 〜株価分析〜
第5回11月16日債券(1) 〜債券とは?格付けとは?〜
第6回11月30日債券(2) 〜債券投資と利回り〜
第7回12月 7日投資信託 〜身近な資産運用手段〜
第8回12月14日派生商品 〜デリバティブとは〜
第9回12月19日証券化商品 〜新しいファイナンス手法〜
第10回12月21日インベストメントバンク
第11回1月11日証券市場と日本経済 〜証券市場の役割〜
第12回1月25日コンプライアンスとはなにか 〜証券法制より〜
第13回2月 1日統括と今後の証券市場の役割

講義風景

10月12日

福原氏 講義室

11月16日

廣瀬氏 講義室

12月7日

矢沼氏 講義室