home > 教育・研究 > 寄附講義 > 証券市場論

大和証券提供講座『(特)証券市場論』

 激変する経済環境下、国家・地方の財政再建が最重要課題となっている一方で、既存企業は生き残りを賭けて変貌を遂げつつあります。多様化・高度化する資金の運用・調達に加え、M&Aが活発化すると同時に、法令の遵守に関する姿勢も大きな問題となっています。
 一方で、1,500兆円を超える個人の金融資産が、「貯蓄から投資」へと大きなうねりをあげて動き出しています。証券市場の重要性はますます高まっており、われわれが経済活動を行う上で、証券市場に関与する機会は、今後一層増えると考えられます。
 当講義では、複数名の講師がオムニバス形式で、証券市場の機能・役割をベースに、(1)運用手法(2)先端金融商品(3)新しい資金調達手法(4)新しい経営手法(5)コンプライアンス、等の講義項目を織り込んでいきます。

講義スケジュール

講義は毎回金曜日の第3時限(13:00〜14:30)に行われます。

   月日 講義要目
第1回10月10日オリエンテーション
第2回10月17日証券市場と日本経済 〜証券市場の役割〜
第3回10月24日株式(1) 〜株式とは〜
第4回11月 7日株式(2) 〜市場のしくみ〜
第5回11月14日株式(3) 〜株価分析〜
第6回11月21日債券(1) 〜債券とは?格付けとは?〜
第7回11月28日債券(2) 〜債券投資と利回り〜
第8回12月 5日投資信託 〜身近な資産運用手段〜
第9回12月12日インベストメントバンク
第10回12月19日証券化商品 〜新しいファイナンス手法〜
第11回1月 9日派生商品 〜デリバティブとは〜
第12回1月23日コンプライアンスとはなにか 〜証券法制より〜
第13回1月30日統括と今後の証券市場の役割

講義風景

10月10日

福原氏 講義室

11月28日

廣瀬氏 講義室

12月19日

高野氏 講義室