home > 教育・研究 > 寄附講義 > 証券市場論

大和証券提供講座『(特)証券市場論』

 日本の金融システムは市場という公平な場で評価を受ける「市場型システム」へと大きく姿を変えました。資金調達・運用手法が高度化し、多様な金融商品が開発され、そのリスク管理が問われています。また、経営戦略としてのM&Aも目新しいものではありません。
 一方、公正な「市場型システム」の維持と投資家保護が金融に携わる者の大きな課題です。米国発の金融危機は世界中にすさまじい勢いで広まり、わが国も大きな痛手を負いました。しかし、今こそ基本に立ち返り、「経済のしくみ」について真剣に考えるチャンスでもあります。
 当講義では、複数名の講師がオムニバス形式で、証券市場の機能・役割をベースに、(1)主な金融商品(2)最新の市場動向・潮流(3)コンプライアンス等の講義項目を織り込んでいきます。

講義スケジュール

講義は毎回金曜日の第3時限(13:00〜14:30)に行われます。

   月日 講義要目
第1回10月 2日オリエンテーション
第2回10月 9日証券市場の役割
第3回10月16日株式(1) 〜株式とは〜
第4回10月23日株式(2) 〜市場のしくみ〜
第5回11月 6日株式(3) 〜株価分析〜
第6回11月13日債券(1) 〜債券とは?格付けとは?〜
第7回11月20日債券(2) 〜債券投資と利回り〜
第8回11月27日投資信託 〜身近な資産運用手段〜
第9回12月 4日派生商品 〜デリバティブとは〜
第10回12月11日証券化商品 〜新しいファイナンス手法〜
第11回12月18日インベストメントバンク
第12回 1月 8日コンプライアンスとはなにか 〜証券法制より〜
第13回 1月22日統括と今後の証券市場の役割

講義風景

10月 2日

齋部氏 講義室

11月 6日

高橋氏 講義室

11月27日

井戸垣氏 講義室

12月18日

辻岡氏 講義室