僕のドイツ留学生活

経済学部4年 加藤 雅明

 

 大学1年が終わった春にドイツでホームステイをした。 たくさんの人と出会い、異なる文化と考え方を知ることの楽しさを知った。それ以来、ドイツに留学することを考えるようになった。 しかし、特に、「ドイツの経済学を学びたい」とか「ドイツ語で仕事ができるように、ドイツ語をマスターしたい」とかいうのではなく、本当に好奇心、「ドイツで生活して、ドイツ人ともっと接してみたい」だけだった。

 僕の行ったWiesbaden大学の場合、数年前から交換留学がスタートしており、それまでの先輩たちのおかげで友達や先生方とのネットワークができていて、僕はそこにひょいと飛び乗るだけだった。 だから、環境面ではいいスタートがきれた。でも、問題なのは言葉。 大学で3年間みっちりドイツ語をやっていたはずなのに、どうしてもコミュニケーションをとるが初めは困難だった。 よく、「一番肝心なのは言葉じゃなくて、気持ちだよ」と言うけれど、やはり言葉は重要だ。 だから、夏学期(日本では前期にあたる)はほとんどドイツ語を習得するのに時間を費やした。 最初は効率も悪い。習得するスピードも遅い。 しかし、ある日突然、周りの人が話していることがすらーっと耳に入ってくるようになる。 そうなると、語学力は今までにない右上がりの成長をする。こうなってくると、生活はもっと楽しく、留学はもっと興味深いものになる。 僕がその体験をしたのは他の留学経験者に比べて少し遅く、留学して半年後くらいで、ちょうどバルト海沿岸の町で語学講座に自主的に参加していたときだった。

 1年の留学期間中滞在していたのは学生寮で、住居形態は2人一組、それぞれに個室、キッチン・バス・トイレは共同というものだった。 僕のルームメイト(本当のルームメイトの定義とは違う)はドイツ人で、よくいっしょに夕飯を作ったり、ビデオをみたり、次の日お互い1時間目があるにもかかわらず、安いワインを飲み明かした夜もあった。 休日などは彼の友達たちともいろんなところへ遊びに行ったりした。 寮の中では、みんな学生という共通点があり、たくさんの国からの友達ができるのには時間はさほどかからなかった。

 留学して得られたもの、確かにドイツの経済についての認識や将来への対策など窺い知れたということなど、学問面的なことはある。 しかし、僕の中での一番大きな財産はたくさんの人々と知り合えたことである。 人との繋がりは決してお金などでは買えない、さらに偶然的なものだと思う。 もしあの時、話しかけることがなかったら、こんなに打ち解けて心の底から話し合えることはなかったであろうという友達や知り合いが何人もできた。 たとえ、実際の距離は離れていても、自分のことを考えてくれている人が世界のいろんなところにいるという事実が、留学を終えた僕の誇りであり、自分自身の存在を支える、そんなかけがえのない財産になっている。

 何もない状態から、海外で生活をするなどということはとても難しいことである。 でも、今回の僕の交換留学などなら、その困難さは何倍も軽減される。すぐに留学が人生において役立つかどうかは分からない。 でも、長期的視点で自分自身の人生に投資したいなら、こんなに素晴らしい投資はないと感じさせてくれた、僕の1年間のドイツ留学だった。

 最後に、交換留学だったため、大学の先生方、事務の方々には本当にお世話になった。 おそらく、僕の知らないところでも、力を貸してくださった人はたくさんいるだろう。 そんなすべてのみなさんに感謝しながら、僕の留学体験の報告を終えることにする。本当にありがとうございました。