home経済学研究科院生の皆様へ > パソコン使用  

院生研究室のパソコン等の使用について

 パソコンの使用について

経済学研究科の大学院生は大学内でいろいろなパソコンを使用できます。先ず総合情報センターに非常に多くのパソコンが 置かれており、これを使用できます。また同じように図書館にあるパソコンや教育学部にあるパソコン室のパソコンも使用できます。 これらのパソコンを使用する場合には、ユーザーID(ログイン名)と各自のパスワードが必要です。無いとパソコンを立ち上げられません。

研究交流棟の経済学研究科の大学院生研究室では、自分のパソコンを大学のネットに つないで使用できます。DHCP接続と言う方法でしますが、パソコンと接続口を繋いで大学のネットに入れるように使ってもらっています。DHCP接続については、 入り口に書かれた使用書の説明を読むか、先輩に相談するのが良いでしょう。

パソコン使用に当たっては、いろいろな諸規則もありますが、特に次の二つのことを守るように、強くお願いしています。

大学のパソコンやネット機構を使ってP2Pソフトを使用しないで下さい。Winny などP2Pソフトを 使用すると著作権違法行為に繋がる場合が非常に多く、違法行為は断じて許されません。またこのソフトを使用 すると大学のコンピュータのメイン機構に多大な負担をかけ、他のパソコン使用者のパソコンがスムーズに動かなくなります。大学が 監視しており、違法行為が発見される場合には処罰対象となりますから、絶対にやらないで下さい。

次に、自分のパソコンを使用する場合に、必ずウイルス対策ソフトをインストールしての使用をお願いしています。 ご承知のようにコンピューター・ウイルスは、最近はますます悪質になり、害を及ぼしていますが、メールなどを通し、学友にも被害を広げます。

 プリンターの使用について

大学院生研究室の経済学研究科ゾーンに院生専用プリンターを設置しています。このプリンターは経済学研究科の大学院生全員の ものです。以下のルールを守って使って下さい。ルール違反などが起こるとプリンターの使用が出来なくなり、他の院生の迷惑になります。 この点をよく理解して使って下さい。

研究交流棟のプリンターを使用するには各自のパソコンにドライバーをインストールする必要があります。ドライバー・ソフトのCD-ROMは法・経済学部 学務第2係に常置してありますので、借り出して使用して下さい。メーカーのホームページからダウンロードしても構いません。

プリンターのトナーが無くなったり、故障した場合などは迅速に学務第2係まで申し出て下さい。

なお、印刷用紙は各自で持参して下さい。ただし、プリンターの故障の原因となるような用紙は絶対に使わないようにして下さい。

以上研究交流棟でのパソコンやプリンターは良識に従って使用することを心掛けて下さい。その他これに関して質問などがありましたら、常時研究科運営委員の担当者まで申し出て下さい。