経済学部ブログ

ホーム経済学部ブログ教員&研究室紹介教員&研究室紹介20(井上貴照研究室 専門分野:国際経済学)

教員&研究室紹介20(井上貴照研究室 専門分野:国際経済学)

2016年11月22日

経済学部教員及び研究室を順次紹介しています。
第20回は井上貴照研究室の紹介です。
  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

教員からの研究紹介:井上 貴照(経済学科)

 私の専門分野は、国際経済学です。国際経済とは、外国の経済のことではなく、国際貿易のような国と国との間にまたがる経済現象のことです。また異なった通貨の交換比率である為替レートの決定と変動も、国際経済学の対象となる経済現象です。このような国家間の経済現象を研究対象とするのが国際経済学です。国際貿易、為替レートおよび各国の経済がどのように関係しているのかを明らかにすることが国際経済学の代表的な研究課題です。研究室では、3年次では、国際経済の現状とそれを理解するための基礎理論を学んでいます。4年次になると各自が選択したトピックの研究報告をおこない卒業論文を作成します。プレゼンや他の学生との意見交換を通して、専門知識の修得のみならず論理的思考力や文章および口頭による表現力の養成を目的としています。
 学生には、文化、芸術等にも触れることで、異なった価値観や文化をもつ人々と相互に理解できるcool head but warm heartを備えた人になってほしいと思います。


学生からのゼミ紹介:桑田 貴之 君(4年生)

 井上ゼミでは国際経済学について、担当者がテキストの一部を要約したハンドアウトをゼミ開始時に配布し発表して勉強してきました。また、発表中に井上先生が補足や解説を行い発表内容の理解を助けて下さいます。担当者の発表後に良かった所と悪かった所を挙げたり質問する時間が設けられているので緊張感を持って発表することができ、討論やプレゼンテーションの能力も身に付いて非常に有意義な時間を過ごせていると感じられます。
 また、ゼミでの懇親会や慰労会などで食事をした際に会計担当者が後日のゼミで会計報告書を作るので、社会に出たあとにも使えそうなスキルを身につけることができます。意見交換しやすく、ゼミ旅行等の課外活動も行っており、ゼミ生みんなでメリハリつけて楽しみつつ成長できていると思います。


                      研究室の仲間

          ゼミ風景                    前期打ち上げの懇親会



  ☆☆☆ これまでに紹介した研究室 ☆☆☆   No.1 原直行研究室    No.2 天谷研一研究室
                         No.3 古川尚幸研究室   No.4 髙橋明郎研究室
                         No.5 岡田徹太郎研究室  No.6 青木宏之研究室
                         No.7 水野康一研究室   No.8 大野拓行研究室
                         No.9 向渝研究室     No.10 大賀睦夫研究室
                         No.11 加藤美穂子研究室  No.12 宮脇秀貴研究室
                         No.13 金徳謙研究室    No.14 姚峰研究室
                         No.15 朴恩芝研究室    No.16 宮島美花研究室
                         No.17 宮﨑浩一研究室   No.18 大杉奉代研究室
                         No.19 園部裕子研究室 
 



カテゴリー:教員&研究室紹介