ジャーナル『香川大学 経済政策研究』は、香川大学経済学部・経済政策研究室に属する学生の卒業論文をまとめたものです。本誌は、香川大学経済研究所で閲覧することができます。残部のあるものについては、ハードコピーをお分けすることができます。末尾の連絡先までお問い合わせください。

経済政策研究 第9号

2013年3月

転機の日本経済・経済政策の岐路

特集:転機の日本経済・経済政策の岐路

経済政策研究 第8-2号

2013年3月

経済政策研究 第8号

2012年3月

社会連帯と安心を醸成する経済政策

特集:社会連帯と安心を醸成する経済政策

経済政策研究 第7号

2011年3月

展望切り拓く経済政策の確立

特集:展望切り拓く経済政策の確立

経済政策研究 第6号

2010年3月

非正規雇用と社会保障制度の存立基盤

特集:非正規雇用と社会保障制度の存立基盤

経済政策研究 第5号

2009年3月

新自由主義改革路線の転換と経済社会の再構築

特集:新自由主義改革路線の転換と経済社会の再構築

経済政策研究 第4号

2008年3月

経済政策の新たな方向性と日本経済の再生

特集:経済政策の新たな方向性と日本経済の再生

経済政策研究 第3号

2007年3月

均衡ある経済発展と経済政策

特集:均衡ある経済発展と経済政策

『経済政策研究 第3号』は、平成18年度・南海育英会・教育研究助成(課題「均衡ある経済発展と経済政策」)の成果です。

経済政策研究 第2号

2006年3月

グローバル化と日本経済へのインパクト

特集:グローバル化と日本経済へのインパクト

経済政策研究 第1号

2005年3月

持続可能な社会(サステナブル・ソサイエティ)に向けて

特集:持続可能な社会(サステナブル・ソサイエティ)に向けて


香川大学経済学部 経済政策研究室
tetsuta atmark ec.kagawa-u.ac.jp