ホーム » 国際交流 » ラインマイン大学 » ラインマイン大学経済学部への留学について

ラインマイン大学経済学部への留学について

募集要項

応募資格

本学経済学部の学生または大学院生

募集人員

2名以下を原則とする

特典

ラインマイン大学経済学部で履修した授業の成績は、香川大学経済学部あるいは大学院研究科委員会に送付され、経済学部教授会・研究科委員会では、送付された資料に基づき、単位の認定と成績評価を決定する。ラインマイン大学では授業料は徴収されない。

派遣期間

2009年3月あるいは9月より、1年以内

選考基準

  1. 専攻分野で学習目的が明確で、勉学意欲に富む者
  2. 応募時点で、すでにドイツ語8単位以上を修得済みの者で、ドイツ語技能検定試験(以下「独検」)3級以上に合格した者あるいはこれに相当するドイツ語力を証明する証明書を持つ者。
  3. 外国での生活への適応性も併せて考慮される。

応募書類

  1. 学務第ニ係備え付けの応募書類
  2. 独検の成績証明書、外部のドイツ語講座受講証明書等、ドイツ語能力を証明するもの

留学の概要

3月あるいは9月初めにドイツに渡り、まずドイツ語の集中授業を受け、同時に専門科目の履修も始める。ドイツ語の授業は集中期間が終わっても定時の留学生向け授業が開設されており4専門科目と並行してドイツ語の学習を続けることもできる(学外のドイツ語講座を受講することも可能、但し費用は別途必要)。

学期は3月から8月までの夏学期と9月から2月までの冬学期からなり、併せて1年間の留学となる(9月から留学開始の場合は冬学期から1年間)。授業料は徴収されないが、1学期あたり125ユーロ(諸雑費)の負担が要求される。この中に交通費等が含まれているが、宿舎費(学生寮)の費用(261ユーロ程度)が他に必要。また、留学期間中も香川大学への授業料を納めねばならない。(2007年4月17日現在の為替レート1ユーロ=163円)

留学する1年間は日本での履修が不可能であるし、留学先での単位取得は多くは望めないので、必修科目である「演習」を含めて卒業要件を満たすための履修計画を事前によく立てておくことが肝要である。また、留学年次、留学期間によっては就職活動等の関係で卒業延期になる可能性が大きいので注意しておくこと。

[注意!]ドイツの大学(ラインマイン大学とボン=ライン=ズィーク大学)への留学を希望する者は、志望順位をつけて両方に応募することができます。

【参考】ラインマインロゴ ラインマイン大学ロゴ(ブドウと学部数を表示)

ラインマイン大学経済学部について

ヴィースバーデン市はドイツの空の玄関フランクフルト国際空港から電車で約40分のところにあり、人口30万弱でヘッセン州の首都である。古来より温泉保養地としても国内外に知,られ、ドイツを代表する川である、ライン川に近く、辺り一帯はライン・ワインの産地としても著名である。

ラインマイン大学は1971年この辺り一帯の各種専門学校を統合して大学に昇格した新しい大学で、経済学部の他に工学系、社会科学系等の学部が数多くある。香川大学とラインマイン大学とは大学間協定を結んでおり、経済学部同士だけでなく、香川大学農学部とラインマイン大学醸造学部(ワイン醸造学で知られている)も学部間協定を結び、交流をしている。(日本では他に宮城県仙台市の東北学院大学と交流協定を結んでいる。)

ラインマイン大学経済学部は教員数約100名(非常勤を含む)、学生数約1,700名で、経営学や国際経営学、保険学およびビジネス法学の4学科を持ち、主として実務的な分野の教育・研究にカを入れている。また、世界各地の30以上の大学と学術交流を行っており、経済学部学生の19%が外国人留学生である。

詳しくは 経済学部ホームページ を見てください。

wiesbaden大学
大学本部キャンパス

wiesbaden大学
経済学部校舎

wiesbaden大学
工学系校舎