MENU

教育目標と教育方針2018

ホーム学部紹介教育目標と教育方針教育目標と教育方針2018

教育目標と教育方針2018

教育目標

経済学部は、経済や経営に関する世界水準の研究教育活動により、創造的で人間性豊かな専門職業人を養成し、地域社会をリードするとともに共生社会の実現に貢献することを理念とします。学士課程では、豊かな人間性と高い倫理性の上に、幅広い基礎力と経済や経営に関する専門知識や多様な価値や文化に対する深い理解に支えられた課題探求能力を備え、国際的な視野で地域社会において活躍できる進取の気象と共生の精神に富んだ教養豊かな経済人を育成することを目指します。

言語運用能力

全学共通科目のコミュニケーション科目により基礎となる語学力向上を図ります。また、学部開設科目の「外国語演習Ⅰ・Ⅱ」、「ビジネス英語Ⅰ・Ⅱ」などの授業や海外研修プログラムを通して、より専門的な外国語運用能力や国際感覚を獲得します。日本語運用能力は、「プロゼミナール」や「演習」、「個別演習」の中で段階的に身につけます。

知識・理解(21世紀型市民及び学士(経済学)として)

基礎となる幅広い視野と知識獲得のため、全学共通科目(学問基礎科目、主題B「現代社会の諸課題」等)を学び、経済学及び経営学的な視野・視点を涵養するため、1、2年次に学部基礎科目を学びます。また、各コースの導入的位置づけにある学部専門科目を履修した上で、より専門的・応用的な知識・能力を習得するため、コース専門科目及び「演習」を履修します。複眼的な思考を養えるよう、学部専門科目では5領域の科目の履修も義務付けています。講義形式による知識の獲得と演習形式による具体的課題に対する探求力の修得を組み合わせることで、より総合的な知識の獲得と実践的な知識の理解を達成します。

問題解決・課題探求能力

全学共通科目の主題B「現代社会の諸課題」や大学入門ゼミにおいて問題発見・解決の方法を学び、学部専門教育を受けて専門知識とデータ分析能力を修得します。2年次後期は「プロゼミナール」、3年次は「演習」、4年次は「個別演習」を履修し、研究室単位でのアクティブラーニング型の少人数教育のもと、応用的な専門知識を身につけつつ、研究に取り組みます。自ら抽出した課題に対する分析・考察を行い、「卒業論文」を執筆することで、問題解決・課題探求能力を身につけます。

倫理観・社会的責任

全学共通科目の主題A「人生とキャリア」において21世紀型市民としていかに生きるかを学び、2年次後期の「現代経済社会事情」や3年次の「インターンシップ」、専門科目を受講することで、社会において自己が果たすべき役割や、市民としての責任ある行動を身につけます。一連の科目は、高い倫理性、社会的責任の自覚、社会における問題解決・課題探求能力を発揮する基礎となります。

地域理解

全学共通科目の主題C「地域理解」で地域理解への動機づけがなされ、学部開設科目の学部専門科目(観光・地域振興領域及びグローバル社会経済領域)を履修した上で、海外研修プログラムや地域的な課題をテーマとする講義に参加することで、国際的な視野を身につけるとともに、地域社会の現状と課題に関心を持ち、自己と関連づけて問題を発見します。これら地域理解科目では、講義の目的に応じて講義、グループワーク、フィールドワーク、PBL(Project Based Learning)など様々な教授方法が取り入れられ、より実践的に地域の課題を理解します。

教育方針

経済学部では、学部の理念、学部の教育理念に基づいた教育をおこない、そのうえで、具体的な教育目標を定めてそれを実現していきたいと考えている。以下に示すのは、その理念と目標を達成するために、当学部が取り入れている重要な制度と方針です。

単位制度

単位修得のためには授業に臨む際に授業時間外の勉強(予習・復習)が必要です。
単位制度(2018年度入学生より適用)について

履修登録単位の上限

授業時間外の勉強時間を確保するために履修登録できる単位数には上限が設定されています。

基礎の重視

全学共通科目(教養教育)の導入科目(共通科目)と学部の基礎科目がリンクされています。

早期卒業制度

成績優秀の者は3年間で卒業できます。

このページの先頭へ

香川大学経済学部
〒760-8523香川県高松市幸町2-1
TEL 087-832-1813 FAX 087-832-1820

香川大学経済学部Facebookを見る

Copyright (c) 2001-copyright(); Faculty of Economics, Kagawa University. All rights reserved.