MENU

真理大学

ホーム国際交流真理大学

真理大学

学術交流協定

真理大学(台湾)と大学間学術交流協定及び学部間実施細則が締結されました

真理大学(台湾)の葉能哲学長、盧文吉財経学院長が6月11日に来校され、大学本部において大学間学術交流協定の調印式が行われました。12日には経済学部に場所を移し、学部間実施細則の調印式が行われました。その後、学長一行は高橋教授、姚教授の案内で市内を観光されました。新たに真理大学が協定校となり、経済学部と学生交流を行なっている大学は8大学となりました。

盧文吉財経学院長と細川経済学部長
調印式風景(盧文吉財経学院長と細川経済学部長)

真理大学と香川大学経済学部のスタッフ
真理大学と香川大学のスタッフ

山田屋にて
山田屋にて

屋島山頂にて
屋島山頂にて

真理大学と学術交流協定を締結(香川大学ホームページ)別ウィンドウで開く

真理大学訪問

真理大学を訪問して

経済学部長 細川滋

11月26日から29日にかけて、6月に学術交流協定を締結した台湾の真理大学を答礼という形で訪問しました。参加メンバーは、一井学長、姚学部国際交流委員会専門委員、細川の3人でした。残念なことに、この学術交流協定締結に最も尽力された高橋先生が、前日にお母様が亡くなられるという不幸があり、参加できませんでした。

さて、26日には、真理大学の葉能哲学長と学長夫人、郭正徳進修推廣教育学院長、秘書兼通訳の王さんに加えて、真理大学の卒業生で現在亜東関係協会会長の陳鴻基氏、外交部日本事務会の黄煇慶氏、林郁慧氏等と懇談の機会を得ました。

27日には、故宮博物館を見物した後、真理大学淡水校を訪問しました。葉学長、郭正徳進修推廣教育学院長、王さんに加えて、陳志榮副学長、盧文吉財経学院長(再会)、施志宜観光学院長、劉俊興進修推廣教育学院国際交流組長、曽徳芳応用日語学系主任などとともに、11月4日から真理大学に留学している経済学部学生の石原さんとも会うことができました。淡水校では、修復された歴史的建物、チャペルなどを見学し、今後の交流についての意見交換を行い、その中で叢書や紀要類の交換が約束されました。懇談の中で、日本語の堪能な方が多いのには、改めて感心させられました。

28日に、一井学長は所用のため帰国されましたが、私たち2人は、新幹線で台南市にある真理大学麻豆校を訪れました。ここでは、日本語文学系の方冠傑主任が迎えてくださり、台南駅から台南市の歴史的建物を見物した後、麻豆校に向かいました。10ほど前にアヒルの養殖池を造成して建物を建てたという、広い敷地に驚かされました。ここでは、筑波大、共立女子大でも教えられたことのある張良澤台湾文学資料館館長の熱心な説明に、時間を忘れてしまうほどでした。帰りは、嘉義駅から新幹線に乗り、台北に戻りました。

翌日早く宿を出発して、台北空港に向かいましたが、26日から28日まで生憎の空模様で、雨に祟られ、風にも吹かれました。また、こんなに台湾が寒いとは想像もしていませんでした。

いずれにしましても、訪問中は真理大学の皆さんに大変お世話になりました。遅くなりましたが、この場を借りて、お礼申し上げたいと思います。ありがとうございました。今後とも、両大学の教育・研究にわたる、教員と学生との間の学術交流が進展していくことを祈念しております。

高橋ゼミの台湾研修

今年(2013年度)は台北地区で、例年通り現地集合。真理大学淡水校区で真理大学の学生と交流を行ったほか、北部海岸を回り、その後学生は各自図書館などで卒論作成のための資料収集を行いました。

研修の様子

台湾道教総本山指南宮
強風でゴンドラが休止に、
久しぶりに下から路線バスと階段で

野柳 この日の海は大荒れ
野柳で昼食

真理大学淡水校区で
日本語の授業に参加
同授業で真理大学生が準備していた
原味の臭豆腐を試食させられるゼミ生

小籠包
小籠包 日本で有名な「鼎泰豊」でなく
隠れた名店で

公館の四川料理店 台湾で研究中の
香川大学卒業生、帰国したばかりの交換留学生と
台湾大学

政治大学 蒋介石元校長の像の前で
くつろぐことは、以前は考えられなかった
真理大学で

このページの先頭へ

香川大学経済学部
〒760-8523香川県高松市幸町2-1
TEL 087-832-1813 FAX 087-832-1820

香川大学経済学部Facebookを見る

Copyright (c) 2001-copyright(); Faculty of Economics, Kagawa University. All rights reserved.