経済学部ブログ

ホーム経済学部ブログ学生の活動またたび地元再発見の旅 第14弾を12月5日に行いました!

またたび地元再発見の旅 第14弾を12月5日に行いました!

2015年12月11日

今回の旅のテーマは 〝学生時代にタイムスリップ〟です。
昭和生まれの方にとっては懐かしく、平成生まれの私たちにとってはとても斬新 な旅になりました!

まず、夏子いなか市という徳島の産直市場に行き、新鮮で安い野菜をたくさん購 入しました。

次に、塩江の廃校「モモの広場」へ向かいました。
学生時代にはタイムスリップした気分になろうと、お客様と一緒に制服を着ました。

制服は 「学生服リユースショップ さくらや」さん(http://www.seifuku- sakuraya.com)が貸してくださいました。本当にありがとうございました。
今回は普通の制服だけでなく、さくらやさん発案の斬新なエプロン型のセーラー 服も貸していただきました。

お客様もノリノリで制服を着てくださり、学生時代を思い出し懐かしくなりました!

お次はお待ちかねの昼食!
今回は学生時代の給食を意識して、大きな机をみんなで囲んでいただきました。
地域の方が作ってくださった 特製シチュー 、旅館シェフが作ってくださった 猪肉と牛肉の陶板焼き、藤川牧場の牛乳 など、とても豪華な給食でした。
コクのある、冬の寒さに負けないあったかいシチューと、普段あまり食べること のできない猪肉が絶品でした!

お腹を満たした後は、近くの畑へピーマンのとり放題へ行きました。
地域の方のご厚意で袋いっぱいのピーマンをなんと無料で取らせていただきました!
自分で収穫するのは楽しく、ついついたくさん取ってしまいました。

次はうたごえ喫茶「チャロ」の時間です。
うたごえ喫茶は月に一度塩江の地域の方々が集まって歌をみんなで合唱するイベ ントで、数年前に香川大学経済学部の先輩と地域の方が連携してスタートした取 り組みです!
いまでも続いている交流イベントとして地域に根付いているのがとてもすごいと 思いました。

地域の方と一緒に、懐かしの昭和の曲や歌謡曲を歌うことで交流を深めることが でき、また、ステージに出てスタンドマイクで歌ったりと、普段は出来ない体験 もでき、とても楽しい時間でした!

次にバスが向かったのは道の駅しおのえ。
県下唯一の温泉郷である「塩江温泉」の中央部にあり、橋を渡れば足湯を楽しむ ことも出来ます。
お客様は塩江の特産品などを買われていました!
そして最後の行き先は「十河の郷 昭和おもひで館」!
昭和30~40年を再現したカフェで、店主の方が趣味で集めていたブリキのおも ちゃや駄菓子、映画のパンフレットなどが所狭しと並べられています。
今回はココアとお菓子、そしてみかんもいただきました。寒い季節のココアは絶 品でした!
自家製のコッペパンや脱脂粉乳、鯨の竜田揚げがプラスチックのお皿のランチも あるので、ぜひみなさんも足を運んでみてください。
今回も、協力してくださった方々のご厚意があってお客様にも喜んでもらえるツ アーが出来ました。

ツアーをするたびに、香川は魅力的なところで、香川に住む人たちは優しくて温 かい人ばかりだと感じます!
これからもさらに香川の良さを発信していきますので、またたびをよろしくお願 いします。

では、次回のツアーは1月!

王越で鯛めしやあんもち雑煮を食べたり漆の体験が出来たりと盛りだくさん。
ぜひご参加ください(^○^)
ご予約はこちらから↓↓
http://www.kotobus-tour.jp/tour/s/s169.html



matatabi14top.jpg

matatabi14-1

matatabi14-2

matatabi14-3

matatabi14-4

matatabi14-5

matatabi14-6

matatabi14-7

matatabi14-8


カテゴリー:学生の活動