経済学部ブログ

ホーム経済学部ブログ講演・研究会・教員の活動

大賀睦夫先生の最終講義が行われました

2019年2月 8日

本年度定年退職されます大賀睦夫教授の最終講義「四国遍路から学ぶこと」が、2月1日(金)教育学部第412講義室で行われました。 学生・教職員の他、卒業生や一般の方も出席され、熱心に聴講されていました。




齊藤和也先生の最終講義が行われました

2019年2月 8日

齊藤和也先生の最終講義が行われました
本年度定年退職されます齊藤和也教授の最終講義「アリストテレスの人間論」が、2月1日(金)教育学部第412講義室で行われました。 学生・教職員の他、卒業生や一般の方も出席され、熱心に聴講されていました。 ...続きを読む

藤井宏史先生の最終講義が行われました

2019年2月 8日

藤井宏史先生の最終講義が行われました
本年度定年退職されます藤井宏史教授の最終講義「香川大学での38年間」が、2月1日(金)教育学部第421講義室で行われました。 学生・教職員の他、卒業生や一般の方も出席され、熱心に聴講されていました。岡山商科大学経済学部長・田中勝次先生もご出席下さり、思い出話をお聞かせ下さいました。 ...続きを読む

経済学部特別講演『「香川県独立の父」中野武営と近代日本』が行われました

2019年1月28日

経済学部特別講演『「香川県独立の父」中野武営と近代日本』が行われました
中野武営研究の第一人者である石井裕晶先生を講師にお招きして、高松藩士出身で愛媛県から香川県の独立を実現するとともに、渋沢栄一を継いで東京商業会議所会頭に就任した中野武営が香川県の独立や明治末期から大正期にかけての近代日本に果たした役割について講演していただきました。 香川県の成り立ちを知ることは地域に根差した大学を目指し地域貢献を展開する香川大学の教職員にとっても重要なことと思われます。 学外か...続きを読む

山本ゼミによる高大連携・共同の学び講座が行われました

2018年11月21日

山本ゼミによる高大連携・共同の学び講座が行われました
 地域社会システム学科山本ゼミは、平成30(2018)年11月14日(水)、観音寺第一高校に赴き、41人(1年生28人・2年生10人・3年生3人)の受講者に対し、「香川県の観光事業について」というテーマで講義を行い、その後、「宿泊客を増やすにはどうすればよいか」という論題でグループディスカッションを行ないました。ゼミ生は3年生が10人・4年生が6人参加しました。  前半に行った講義の内容について...続きを読む
1  2  3  4  5  6  7