経済学部ブログ

ホーム経済学部ブログ学生の活動

中小企業の魅力を学生に伝えることを目的とする「実践型インターンシップ」の中間報告会が行われました

2018年10月 9日

10月3日(水)、細見・趙・大杉合同ゼミ実践型インターンシップの中間報告会が行われました。
夏休みに行った調査対象企業へのインタビューをまとめ、それぞれのグループがプレゼンを行いました。 中小企業家同友会の方、指導教員たちの前で、インタビューで感じた企業の良さなどをまとめて発表しました。先生たちからの質問に答えたり、これからの活動についての指導が行われました。
これからは、指摘されたことについて考えながら、より良い報告を目指し、大学生が「就職したくなる」ような中小企業の魅力を伝える冊子づくりを進めていきます。
12月には企業の方をお招きして最終コンペを行います。



藤原ゼミによる高大連携・共同の学び講座が行われました

2018年10月 1日

藤原ゼミによる高大連携・共同の学び講座が行われました
経済学科藤原ゼミは、平成30年9月21日(金)、高松桜井高校に伺い、受講希望者に対し、「企業活動と株式投資」というテーマで授業を行いました。 授業の目的は、日常で耳にする「株」とはどのようなものなのかを高校生たちに知ってもらうことでした。株式投資=ギャンブルという固定観念を持っている人も多いですが、株式投資は単なる運任せで行われるものではなく、実際には、様々な指標などが使われています。 株式投資...続きを読む

経済学部生の旅行プランが金賞を受賞しました

2018年9月26日

経済学部生の旅行プランが金賞を受賞しました
9月25日(火)OLIVE SQUARE多目的ホールにおいて、「四国4国立大学とJR 四国との連携事業」平成30年度成果発表と審査会が行われ、香川大学・徳島大学・愛媛大学・高知大学の学生たちが企画した旅行プランを発表しました。 半井JR四国社長をはじめとするJR四国の方々、4大学の学長、指導された先生方によって審査がなされ、金賞1チーム、銀賞1チーム、銅賞2チームが発表されました。その結果、香川...続きを読む

緒方ゼミ生が粟島でフィールドワークを行いました

2018年9月18日

緒方ゼミ生が粟島でフィールドワークを行いました
9月10日、緒方宏海先生とゼミ生15名は、三豊市の粟島にて、文化人類学・社会学・経済学の視点から地域社会の問題を探求し、その知的探求のツールである人類学的フィールドワークを実施しました。 また漂流郵便局にて、島民10名の方と交流しました。その様子は、平成30年10月1日詫間町公民館発行『あわしま』ふれ愛ランド粟島第293号に掲載されました。 所属するゼミ生は、自分の足を使って、調査データや資料を...続きを読む

小豆島SAKATEプロジェクトが瀬戸内海研究フォーラムでポスター優秀賞を受賞

2018年9月12日

小豆島SAKATEプロジェクトが瀬戸内海研究フォーラムでポスター優秀賞を受賞
2018年8月30日、31日に神戸大学で開催された第26回瀬戸内海研究フォーラムin兵庫において、経済学部学生チェレンジプロジェクトのひとつである香川大学小豆島SAKATEプロジェ クトがポスター発表(演題:島嶼部における地域活性化に向けた取り組み~香川大学小豆島SAKATEプロジェクトを事例として~)を行い、ポスター優秀賞を受賞しました。 瀬戸内海研究フォーラムは特定営利活動法人 瀬戸内海研究...続きを読む
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11