経済学部ブログ

ホーム経済学部ブログ国際交流・留学「東南アジア青年の船」の活動を終えて帰国しました

「東南アジア青年の船」の活動を終えて帰国しました

2018年12月21日

平成30年度「東南アジア青年の船」事業に参加していた経済学科4年生・笹岡汐里さん(岡田ゼミ)が活動を終えて(右上の写真が修了証書)帰国、佐藤学部長に帰国報告をしました(12月20日)。
楽しかったこと、大変だったこと、驚いたこと、それらのたくさんの思い出は、4月から社会人となる笹岡さんにとって、とても貴重で有意義な体験でした。

10月24日からの国内プログラム、11月2日からの41日間のにっぽん丸船内および訪問国でのプログラムを終え、12月12日東京晴海埠頭に帰ってきました。
訪問国は、タイ・ベトナム・ブルネイ・ベトナム、滞在中は一般家庭でホームステイ、各国の生活を体験しました。
また船内では、お互いの国の事情の紹介などの交流活動が行われました。
日本からの参加者39人を含む約280名のアジア諸国の人達との交流・訪問国での交流において、笹岡さんは活動のプレスとして公式インスタグラムでの発信を行ったり、チームリーダーとして活躍したそうです。




カテゴリー:国際交流・留学