経済学部ブログ

ホーム経済学部ブログ学生の活動高松市ホームタウンデー2018を開催しました

高松市ホームタウンデー2018を開催しました

2018年8月29日

8月25日(土)にPikaraスタジム(丸亀競技場)において、「高松市ホームタウンデー2018」が開催されました。
今回の「高松市ホームタウンデー2018」では、「親子観戦体験バスツアー」のプログラムとして選手が実際に試合を行うピッチ(グランド)で「親子手つなぎミニサッカー」を行ったり、「オリジナルスクイーズアクセサリー作り体験」ブースを新たに設けたりするなど、宮脇研究室・カマタマプロジェクトの学生たちが主体となって、高松商業や坂出商業の高校生も巻き込んで様々な企画が行われました。
JR高松駅から無料のシャトルバス(親子限定)を運行する「親子観戦体験バスツアー」では、移動中の車内で学生たちによるクイズ大会や応援練習などが行われ、スタジアム到着後は、ピッチ内で試合直前の選手と同じような入場・写真撮影体験や体験型ルール説明、親子手つなぎミニサッカーを行いました。その後、「熱狂!カマサポ応援体験」や「フェイスペイント」、「オリジナルスクイーズアクセサリー作り体験」に参加して頂きました。そして、再度ピッチ内で選手とハイタッチしたり練習を見学したりするなど、盛り沢山の企画が行われました。他にも、「BOXオブジェ&フォトプロップス」ブースを開設したり、東かがわ市のバスツアーの方々にも、ピッチ内イベントを提供したりするなど、様々なイベントが行われ、バスツアーのお客様を含む来場されたお客様にスタジアムでの時間を楽しんでいただきました。



カテゴリー:学生の活動