MENU

経済学部学生チャレンジプロジェクト事業

ホームキャンパスライフ経済学部学生チャレンジプロジェクト事業2012年度2012年度 採択結果

経済学部学生チャレンジプロジェクト事業

2012年度 採択結果

2012年度 採択結果

選考の結果、以下のプロジェクトが「学生チャレンジプロジェクト事業」として採択されました。

1. 経済学部パンフレット改編

実施期間2012年6月1日~2012年9月30日
メンバー
(9名)
(代表者) 内藤千裕
植山朔歩/花崎奈都/辻駿治/近藤虹色/中平知基/村上祐奈/山下澄/金森俊一朗
概要現在の高校生(受験生)向けの経済学部パンフレットは、数年改編されていない。また、パンフレットの制作に学生が関わっておらず、内容もターゲットである高校生に向けたものが少ないと思われる。そこで、高校生に香川大学経済学部の良さをよりよく伝えることができるような『大学生が作る学生パンフレット』を制作することをめざす。

2. 商店街活性プロジェクト

実施期間2012年8月30日~2012年12月23日
メンバー
(8名)
(代表者)平野那実
宮内麻祐子/山下美樹/亀井里沙/川上温嗣/福田晋太郎/本田良江/仁科舞弓
概要好立地条件で使い勝手も良い商店街の服飾店や美容院に学生が集まりづらい要因は、学生達がそれらの店について詳しく知る「機会」がないためではないかと考えた。今回、商店街で、学生が一番敏感で興味があり、さらに話題性のある「ファッション、ヘア」を題材とした企画を行うことで、郊外のショッピングセンターへ流れる客足を商店街へ呼び戻すこと、さらには商店街全体へ足を運ぶ機会を少しでも増やすことが目的である。つまり、商店街へ訪れる「きっかけづくり」が今回の目的と言える。

3. 『おおち祭』復活プロジェクト

実施期間2012年6月15日~2012年10月16日
メンバー
(2名)
(代表者)松岡春佳
森岡久美子
概要合併する前の旧大内町(現在の東かがわ市)の三本松商店街で行われていた夏の祭である、「おおち祭」を10年ぶりに復活させ、地域一体となって祭を盛り上げることを目的とする。概要としては、地元地域の小・中・高の生徒や大学の学生に祭に参加・協力をしてもらい、若者が主体となり、活気あふれる祭にすること。

4. 「企業人なう」学生インタビュープロジェクト

実施期間2012年7月1日~2012年9月30日
メンバー
(6名)
(代表者)生水昌昭
阿野賢太郎/栂崎一矩/神崎慧/川崎駿介/三輪昇平
概要学生達が興味・関心のある業界・職業の方にインタビューを行ない、それを元に記事を書くというプロジェクト。求人タイムス社の地域ニュース部編集長である川崎美保氏の協力の下、フリーペーパー「ハローせとうち」に学生が書いた記事を掲載してもらうというプロジェクトである。地域社会システム学科3年生有志を中心としたメンバーで有名企業だけでなく、地域の中でキラリと光る企業や人に着目し、インタビューを通じて「地方で働くとは」ということを実践的に学んでいく。
このプロジェクトで学んだことを活かし、将来の自己実現の足がかりとすることが目的である。

5. INADA PEPPER NO.2

実施期間2012年7月1日~2012年2月10日
メンバー
(7名)
(代表者)竹中千晴
公門直人/赤滝大介/阿部隆児/井澤紗世/岩本美里/藤田夏実
概要ゼミで「高松市まちかど漫遊帖」のプロジェクトに参加し、街歩きのコースを構築している。その過程で高松市内の興味深い場所をいくつも発見することができている。学生目線で、高松市のおすすめスポットや、学生が知っている場所をこの地図で紹介し、学生にとって役立つ地図を作成したいと考えている。現在いろいろな地図があるが、INADA PEPPER NO.1 を改訂する形で学生や市民、観光客に高松市の観光情報を提供する。

6. 坂手ダイアモンドビーチ活性化プロジェクト

実施期間2012年8月4日~2012年8月12日
メンバー
(10名)
(代表者)平井智子
嶋崎絢妃/入江美里/岡部高昌/河村篤寛/永原太朗/平尾尚也/松本啓聖/森山智裕/山原麻未
概要小豆島の地元住民との交流を通じて、地域資源をいかした海の家を運営するのが可能かどうかの社会実験を行う。
小豆島SAKATEプロジェクトや、地元住民と協同して海の家を運営する。その中で、来客数の計測、お客様へのインタビューをし、海水浴場として機能するのか、しないのならば何が不足しているのか、問題は何なのかを調査する。

カテゴリー:2012年度

このページの先頭へ

香川大学経済学部
〒760-8523香川県高松市幸町2-1
TEL 087-832-1813 FAX 087-832-1820

香川大学経済学部Facebookを見る

Copyright (c) 2001-copyright(); Faculty of Economics, Kagawa University. All rights reserved.